まずSkitchを使いこなせたら画像編集は8割OK!

Skitchは無料で使えるMacの画像編集アプリです。
Windows版は残念ながら2016年1月に終了との事で、現在はMac専用となっています。

Photoshopみたいな高度な画像を作れませんが、アフィリエイトサイトならSkichがあればスタートはOKです。

ダウンロードは下記リンクから行って下さい!

⇒Macの方はこちら(App Store)

最初に選ぶ画像編集ソフトはSkitchがおすすめです

Skitchを使ってきて便利と感じたのは以下3点です。

  • 無料で使える
  • サイト制作に使える機能が必要最小限そろっている
  • 操作が非常に簡単(10分あれば覚えられる)

冗談抜きで10分あればSkitchの編集操作が一通り体験できます。
Skitchの編集画面を見ながら説明しますね。

子猫の素材画像とSkitchの編集画面

ねこかわいい。ねこ。

こちらがSkitchの編集画面です。
画像ファイルをドラッグ&ドロップ、もしくは後述するスクリーンショット機能を使って、編集したい画像ファイルを取り込みます。

ねこかわいい。

ねこ画像は無料画像サイトの「Pixabay」から拝借しています。(ねこはこちら
Pixabayはクレジット表記(帰属表記)の義務はなく、しかも商用利用OKなのでサイト制作者にとってありがたい存在です。
足向けて眠れねぇ。

猫の素材画像とSkitchの編集画面2

こんな感じで情報を加えます。わずか30秒。

編集項目は左の縦バーにずらっとお並びです。
この画像に挿入してるピンクの枠線と矢印、文字はもちろんSkitchで編集しています。

このくらいの内容であればポチポチとクリックして30秒〜1分あれば誰でも出来ます。

僕がSkitchでしている事

僕がSkitchでよく使うメニューを紹介します。

文字入れ

Skitchの編集画面で文字挿入操作の解説

枠線、矢印入れ

Skitchの編集画面で矢印マークと枠線の挿入方法の解説

解説の為のひげなのでクレームはお断りです

画像トリミングとサイズ変更

Skitchの編集画面で画像トリミング、サイズ変更のボタンの案内

このボタンと押した後に、トリミングかサイズ変更か選択します

 

←左:画像のトリミング
右→:画像のサイズ変更

Skitchの画像トリミング編集の方法

不要な部分を除いて画像を整える操作をトリミングといいます

Skitchの画像編集(サイズ変更)の方法

画像の拡大もできますが画質が荒くなります。僕は縮小メインで利用しています。

スクリーンショット機能が超便利!

Skitchは魅せる画像ではなく分かりやすい画像の制作に最適!

AdobeのPhotoshopを買わなくても大丈夫。

同じく、無料で使える「GIMP」ならSkitchより凝った編集が出来る。操作を覚えるのがだるいけど。

-使用しているツール

© 2022 あふぃらいふ(仮)